緊急時の資金調達

ペイデイローン – Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/ペイデイローン

ペイデイローン(英: payday loan)とは、アメリカの消費者金融が給料を担保に提供する、短期の小口ローンサービス。数百%の非常に高い利息(年利換算)での貸し付けとなる。ペイデーローンとも。 目次. [非表示]. 1 概要; 2 手法の例; 3 返済期限について; 4 脚注; 5 関連項目; 6 外部リンク. 概要[編集]. ペイデイローンは、次回もらう給料を担保に、貸し付けを行う。 通常、利息制限は州法等により10%台となっている。ペイデイローンでは、貸し付け時に貸付金額に加えて(実際には使用できない)商品券をつけ、返済時には ..

 

 

Payday loan – Wikipedia

https://en.wikipedia.org/wiki/Payday_loan

A payday loan is a small, short-term unsecured loan, “regardless of whether repayment of loans is linked to a borrower’s payday.” The loans are also sometimes referred to as “cash advances,” though that term can also refer to cash provided against a prearranged line of credit such as a credit card. Payday advance loans rely on the consumer having previous payroll and employment records. Legislation regarding payday loans varies widely between different countries, and in federal …

Major companies and institutes

wiki:

Japanese companies which have their headquarters in Kobe include ASICS, a shoe manufacturer; Daiei, a department store chain; Kawasaki Heavy Industries, Kawasaki Shipbuilding Co., Mitsubishi Motors, Mitsubishi Heavy Industries (ship manufacturer), Mitsubishi Electric, Kobe Steel, Sumitomo Rubber Industries,[32] Sysmex Corporation (medical devices manufacturer)[33] and TOA Corporation. Other companies include the confectionery manufacturers Konigs-Krone and Morozoff Ltd., Sun Television Japan and UCC Ueshima Coffee Co.

There are over 100 international corporations with East-Asia or Japan headquarters in Kobe. Of these, twenty-four are from China, eighteen from the United States, and nine from Switzerland.[8] Some prominent corporations include Eli Lilly and Company, Nestlé, Procter & Gamble,[34] Tempur-Pedic, Boehringer-Ingelheim, and Toys “R” Us.

Kobe is the site of a number of research institutes, such as the RIKEN Kobe Institute Center for developmental biology and medical imaging techniques,[35] and Advanced Institute for Computational Science (AICS, home of the K supercomputer), the National Institute of Information and Communications Technology (NICT) Advanced ICT Research Institute,[36][37] the National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention,[38] and the Asian Disaster Reduction Center.[39]

International organizations include the WHO Centre for Health Development, an intergovernmental agency forming part of the World Health Organization. The Consulate-General of Panama in Kobe is located on the eighth floor of the Moriyama Building in Chūō-ku, Kobe.

Topics

07/06/26 On June 26, 2007, cyclone Yemyin struck coastal areas of Pakistan’s Sindh and Balochistan provinces. Sixteen people were reported to have been killed in Balochistan, while 32 fishermen who left the Karachi coast on 26 June were feared to have drowned. The cyclone caused winds of up to 130km an hour.
07/06/25 Heavy rainstorms along with lightning and hail since last week have hit many parts of China, killing nearly 50 people, destroying farmland and sweeping away houses.
07/06/23 On June 23, 2007, at least 42 people died and more than 150 were injured when heavy rains caused buildings in Pakistan’s largest city, Karachi, to collapse, according to provincial health and police officials.
07/06/23 On 23 June 2007, a ferocious storm in India’s southern Andhra Pradesh state has killed at least 45 people and displaced tens of thousands.
07/06/17 At least 16 people have been killed by lightning and flash floods in eastern India as heavy monsoon rains lashed the region, police and witnesses said on June 17, 2007.
07/06/11 On 11 JUne 2007, rain and landslides have killed at least 74 people in Bangladesh as early monsoon showers swept the country.
07/06/09 On 09 June 2007, at least five people have been killed by heavy storms that are continuing to lash eastern Australia.
07/06/09 Scorching heat killed another 63 people on 9 June in Pakistan as the country remained in the grip of severe heatwave with mercury level touching record heights in a number of cities, newspapers said June 11.
07/06/08 On 08 June 2007,heavy rain and floods have killed at least six people in southern China and neighbouring Taiwan, brought down power lines, swamped schools and farmland and forced 158,000 people to leave their homes.
07/06/07 On June 7, 2007, flooding caused by Cyclone Gonu which swept southern Iran last week killed 23 people.
07/06/07 On June 7th 2007, twelve people were killed when Cyclone Gonu struck the Gulf country of Oman, an emergency official says.
07/06/05 “Total Disaster Risk Management: Good Practices – 2007 Supplement” is uploaded.
07/06/03 Three people have been confirmed dead, at least 300 injured after a strong earthquake measuring 6.4 on the Richter scale struck southwest China’s Yunnan Province on June 3, 2007.
07/05/27 At least 16 people, who had gone to Tangtyange Lekh, Dolpa district, to collect Yarsagumba were killed when snowstorm swept their tents on May 27, 2007.
07/05/25 Twenty-one people were killed and 11 are missing after continuous rainstorms on May 23-24, 2007 triggered flash floods and mud slides in southwest China, local government sources said.
07/05/14 A fisherman was killed and some 100 others were missing as rain and strong winds swept Bangladesh’s coast on May 14, 2007 and weather officials warned a cyclonic storm could make landfall on May 15.
07/05/06 Floods killed at least 12 people in Afghanistan’s Samangan province, the governor said on May 6, 2007.
07/05/06 At least five people have died in the main commercial city of military-ruled Myanmar after the heaviest rainfall in at least four decades, state media and government officials said on May 6th, 2007.
07/05/04 On 4 May 2007, heavy rains have triggered flooding and a small landslide along Sri Lanka’s coastal belt, killing at least six people, as the island heads into the monsoon season.

「Payday loan」と「消費者金融」の構造とその是非

The loan process

The basic loan process involves a lender providing a short-term unsecured loan to be repaid at the borrower’s next payday. Typically, some verification of employment or income is involved (via pay stubs and bank statements). Individual companies and franchises have their own underwriting criteria.

In the traditional retail model, borrowers visit a payday lending store and secure a small cash loan, with payment due in full at the borrower’s next paycheck. The borrower writes a postdated cheque to the lender in the full amount of the loan plus fees. On the maturity date, the borrower is expected to return to the store to repay the loan in person. If the borrower does not repay the loan in person, the lender may redeem the check. If the account is short on funds to cover the check, the borrower may now face a bounced check fee from their bank in addition to the costs of the loan.

In the more recent innovation of online payday loans, consumers complete the loan application online (or in some instances via fax, especially where documentation is required). The loan is then transferred by direct deposit to the borrower’s account, and the loan repayment and/or the finance charge is electronically withdrawn on the borrower’s next payday.
User demographics and reasons for borrowing

According to a recent study by the Pew Charitable Trusts, “Most payday loan borrowers are white, female, and are 25 to 44 years old. However, after controlling for other characteristics, there are five groups that have higher odds of having used a payday loan: those without a four-year college degree; home renters; African Americans; those earning below $40,000 annually; and those who are separated or divorced.”

In a study, “An Analysis of Consumers’ Use of Payday Loans” by Gregory Elliehausen, Division of Research of the Federal Reserve System and Financial Services Research Program at The GWU School of Business, 41% earn between $25,000 and $50,000, and 39% report incomes of $40,000 or more. 90% have a high school diploma or better, with 54% having some college or a degree.

 

Criticism

Draining money from low-income communities

Many people who use it are low-to-middle income people with few assets. These individuals are least able to secure normal, lower-interest-rate forms of credit. Since payday lending operations charge higher interest-rates than traditional banks, they have the effect of depleting the assets of low-income communities.

This analysis, however, does not account for the assets purchased with the debt, which are often necessities, and for which the consumer would otherwise resort to an even more expensive and more depleting loan product.
Aggressive collection practices

In US law, a payday lender can use only the same industry standard collection practices used to collect other debts, specifically standards listed under the Fair Debts Collection Practices Act.

In all cases, borrowers write a post-dated check (check with a future date) to the lender; if the borrowers don’t have enough money in their account, their check will bounce.

Payday lenders will attempt to collect on the consumer’s obligation first by simply requesting payment, as they would rather retain a customer who normally pays on time but may have experienced an unexpected obstacle to repayment. If internal collection fails, some payday lenders may outsource the debt collection, or sell the debt to a third party.

A small percentage of payday lenders have, in the past, threatened delinquent borrowers with criminal prosecution for check fraud.[7] This practice is illegal in many jurisdictions and has been denounced by the CFSA, the industry’s trade association.
Proponents’ stance
Charges are in line with costs

A study by the FDIC Center for Financial Research[8] found that “operating costs are not that out of line with the size of advance fees” collected and that, after subtracting fixed operating costs and “unusually high rate of default losses,” payday loans “may not necessarily yield extraordinary profits.”

Based on the annual reports of publicly traded payday loan companies, loan losses can average 15% or more of loan revenue. Underwriters of payday loans must also deal with people presenting fraudulent checks as security, ordering a check stopped, or closing their account.[citation needed]

Annual reports of publicly traded payday loan companies demonstrate the net profit margins of payday lenders are in the 10-12% range.
Markets provide services otherwise unavailable

Opponents of excessive government regulation of payday loan businesses argue that some individuals that require the use of payday loans have already exhausted or ruined any other alternatives. Such consumers could potentially be forced to illegal sources if not for payday loans. Tom Lehman, an advocate of payday lending, said,

“[P]ayday lending services extend small amounts of uncollateralized credit to high-risk borrowers, and provide loans to poor households when other financial institutions will not. Throughout the past decade, this “democratization of credit” has made small loans available to mass sectors of the population, and particularly the poor, that would not have had access to credit of any kind in the past….”

Lehman attacked proponents of increased regulation of the lending industry, arguing that,

“These allegations against the payday-lending industry are largely without merit, and generally reflect the views of “do-gooder” anticapitalist elites who abhor the “messy” and unplanned outcomes in low-income consumer finance markets. Rather than seeing payday lending practices as a creative extension of credit to poor households who may otherwise be without loans, these critics see it as yet another opportunity for government intervention in the name of “helping” the poor.”

Household welfare increased

A staff report released by the Federal Reserve Bank of New York concluded that payday loans should not be categorized as “predatory” since they may improve household welfare.[10] “Defining and Detecting Predatory Lending” reports “if payday lenders raise household welfare by relaxing credit constraints, anti-predatory legislation may lower it.” The author of the report, Donald P. Morgan, defined predatory lending as “a welfare reducing provision of credit.”

Petru Stelian Stoianovici, a researcher from The Brattle Group, and Michael T. Maloney, an economics professor from Clemson University, found “no empirical evidence that payday lending leads to more bankruptcy filings, which casts doubt on the debt trap argument against payday lending.”
Aid in disaster areas

A 2009 study by University of Chicago Booth School of Business Professor Adair Morse found that in natural disaster areas where payday loans were readily available, consumers fared better than those in disaster zones where payday lending was not present. Not only were fewer foreclosures recorded, but such categories as birth rate were not affected adversely by comparison. Moreover, Morse’s study found that fewer people in areas served by payday lenders were treated for drug and alcohol addiction.

出典:wiki

 

消費者金融の社会問題化

1970年代後半から1980年代初頭に掛けての、いわゆるサラ金問題、そして1990年代初頭の、バブル経済崩壊以降の消費者金融問題が挙げられる。バブル崩壊後に消費者金融が成長した背景には、バブル崩壊によって経済的に苦しい消費者家庭が増加したこと、自動契約機の導入(1993年(平成5年)以降)、それまで深夜帯に限られていたテレビコマーシャルがゴールデンタイムなど、それ以外の時間帯でも解禁(1995年(平成7年))されたことなどがあった。これらの追い風を受けて、消費者金融は業界を挙げて、それまでの暗い「サラ金」「街金」のイメージの払拭に努めた。その結果、駅前の雑居ビルの狭い店鋪で担当者と向き合って融資を申し込むといった旧来の形だけではなく、郊外の国道沿いに設置された自動契約機へ契約申込をする利用者も増加した。また、「女性専用ダイヤル」と称して、女性スタッフとの電話で振り込むという、実際にはかたわらに男性がいても「女性対女性」をうたい、女性が心理的に借り入れしやすい環境を作る会社も増加した。この勢いで、大手業者には株式を公開(上場)する会社も現れた。株式公開(上場)することによって、経営者一族が莫大な富を得た例も知られている。

そのような中で2000年(平成12年)前後からは全情連(全国信用情報センター連合会)加盟の情報センター、CIC、全国銀行個人情報センターの個人信用情報機関によるブラック(「ネガティブ」又は「ネガ」とも)情報の交流「CRIN(Credit Information Network クリン)」が開始され、与信の厳格化が図られた[4][5]。これによって大手6社などでは契約者の属性が向上し経営自体は健全化していったが、スケールメリットのある大手業者とこじんまりと経営可能な小規模業者の間に挟まれた中堅クラスの業者の中には、急激に業績が悪化して倒産、大手業者による買収、または債権譲渡するものも現れた(会社更生法が適用され更生計画が認可されると、更生計画に入っているものを除いた会社更生手続開始以前の債権は効力を失うため、過払金返還請求に大きな影響がある)。本来、信用情報の目的は貸金業者自身の経営の健全性ではなく、過剰貸付を防止し、もって多重債務者の発生を減少させることにある。この点につき、その目的とは裏腹に信用情報が一部の業者で勧誘の材料として用いられているとの指摘がある。個人信用情報を利用して、借り入れ残高があるが業者の定めた限度額に達していない顧客を探し出し、拒否されても借り入れを勧めていたことが発覚している[6]。このような行為は信用情報の目的外使用であり信用情報交換契約(信用情報機関とその会員たる貸金業者間で交わされている契約)違反である。したがってこの指摘は目的外使用に民事上の責任追及しかなされないことの問題を指摘したものということができる。また、個人情報保護法が適用される信用情報に関しては同法違反となる可能性もある。

なお、この頃「ヤミ金」被害が急増しており、その原因を上記のような信用情報機関の情報交流による与信の厳格化と中堅業者の淘汰に求める見解もある。他方、消費者金融業界は、原因は2000年(平成12年)の出資法改正による上限金利の40.004%から29.2%への引き下げによる中小零細業者の撤退・倒産にあるとしており、業者の淘汰の原因を信用情報の交流に求めるか法改正に求めるかの点において上記の見解と異なる。また、この2つの見解と異なった視点から、この時期のヤミ金被害急増の原因は不況の長期化による所得の減少、デフレによる金融債務の実質負担の増加、暴対法施行及び不況による暴力団員のサイドビジネスへの進出、携帯電話の普及などにあるとする見解もある。2003年(平成15年)にヤミ金対策を主目的に貸金業規制法が改正されたと同時に、出資法の上限金利の引き下げが論じられたが実現しなかった。

近年、大手の消費者金融会社は、銀行と提携しローン(個人向けの銀行ローン)保証業務に乗り出したり、また、メガバンク(持株会社を含む)の資本参加を受けるなどの動きもある一方、前近代的なオーナー経営の業者も多く、取立てにかかわる数々の問題、高金利、押し貸し(貸し込み競争)、「武富士」創業者の元会長が関与したジャーナリスト宅盗聴事件などの社会問題が依然として解決されていないと言える[7]。「借りた人間が悪い」とする意見もあるが、「大手消費者金融業者の営利広告の影響等により高金利の借入に対する抵抗が減少した」などの指摘や、(連帯)保証人以外の家族等法律上弁済の義務を負わない人間が返済にかかわっている例が多くあるなど「借りた人間が悪い」という決め付けだけでは済まない問題も発生している。

分母である自殺者全体の増加もあるが、利用者の自殺の増加が指摘されており、返済を続けても、完済が困難である状態は「サラ金地獄」とも呼ばれる。自殺者全体については、自殺率(人口10万人あたり、厚生労働省人口動態統計)は1997年(平成9年)から1998年(平成10年)にかけて18.8人から25.4人へと急増しており、自殺者数(警察庁「自殺の概要資料」)は1997年(平成9年)の24391人から1998年(平成10年)には32863人へと急増した。警察庁の統計によると、2006年(平成18年)の自殺者数32155人について多重債務などの経済苦が原因とみられる自殺者は約8000人とされている[8]。また、2005年(平成17年)における大手5社利用者の自殺は判明しているだけで3649件であった[9][10]。20歳以上の死亡者に占める自殺者の割合は2.8%(人口動態調査05年、厚生労働省)であるのに対して、金融庁などによると、大手5社利用者の死因判明分に占める自殺率は25.5%であった[11]。

2006年(平成18年)8月には、消費者金融の大手5社を含む10社がリスクを最小限に抑えるために、借り手が死亡・重度障害で返済不能になった場合に備えて借り手を生命保険(消費者信用団体生命保険)に加入させ、保険金として債務残高分を消費者金融を受取人にしていることが明るみに出た。本人が契約自体を知らない場合もあり、保険金は遺族を素通りして消費者金融に支払われる。2005年(平成17年)に大手5社が支払いを受けた件数は延べ3万9880件であり、自殺によるものは判明しているだけで3649件にであった[12]。メリットとして遺族が債務を負わない点があるが、死亡した債務者が過払い(不当利得の返還を遺族が消費者金融に求められる状態)であっても保険金は消費者金融に債務残高分として全額支払われ、過払いの事実は遺族には一切伝えられない。この保険が存在せず、相続放棄・限定承認をしない場合、遺族が死亡した債務者の債務を任意整理(利息制限法の金利で計算し直した残債務を利息無しで一括・分割返済(3 – 5年))するには、相続人が弁護士・認定司法書士等に委任する。

一般に、消費者金融は利息制限法を超える金利での貸付の場合、みなし弁済の無効を主張されると、訴訟では全額を回収することができないため、訴訟の前に訴訟以外の手段を用いて回収を急ぐことがある。全額の回収を容易、確実にするために、連帯保証人付きのローン・不動産担保ローンでの借り換え、公正証書の作成等の手段を用いる場合もある。過払いが生じている法律上支払義務のない債務者に対して、強引な取立てを行うことも常態である。過払いが生じている場合は訴訟による回収が困難であるが、被告が裁判を欠席、答弁書を提出しない場合、また訴訟以外では支払督促に対して督促異議の申立てをせず放置した場合等、例外がある。

厳しい取り立ては違法な手段(脅迫罪・強要罪・住居侵入罪・不退去罪・業務妨害罪等の刑法上の犯罪が成立することもある)を伴うことも多く、当事者・関係者に多大な苦痛を与える点で問題があるが、専門家(弁護士・認定司法書士等)の介入があった場合は、貸金業の規制等に関する法律第21条6項の規定により貸金業者が債務者に接触することは原則としてできなくなる。

なお、最近では店舗や無人契約機での申し込みは減少し、インターネット経由で申し込みをして審査を一通り終わらせ、最寄の無人契約機や本人限定受取郵便でキャッシングカードを受け取りに行くというケースが増加している。

また、最近さかんに宣伝されているおまとめローンには次のような問題がある。

まとめる前に任意整理などを行えばできたかもしれない「引きなおしによる債務の減額」ができなくなる。したがって実質的に債務が増えてしまうことがある。
特に過払いの場合は「もともと払う必要のなかった債務」をあらためて背負うことになる。

上記の問題を考慮して、過払金が返還される可能性について注意を喚起するただし書きをCM、広告などに付している場合がある。

 

出典:wiki

 

銀行系消費者金融

銀行系消費者金融とは、設立当初、主に銀行と大手専業会社(一部信販会社などとも)の合弁で2000年から2002年頃迄に設立された消費者金融会社であり、主にサラリーマンや公務員など継続的に安定収入のある人物を対象とし、銀行本体のカードローンでは収入などの属性で借入が難しかったり、契約成立まで時間がかかるなどして使い勝手が悪いためながら、専業会社で借りるには(専業会社から見て)高属性の人物で有る事などから、銀行ローンと専業の中間クラスの先の様な人物層を対象としたものである。

資金面で出資者である銀行等のバックアップが有るなどして、利息制限法の基準の範囲内の貸出利率で営業しており、専業会社と違って有人店舗を持たず、郵送や電話・インターネットなどで申込出来、比較的短時間(1時間程度)で審査の可否が決定し、契約が成立次第ローンカードを郵送するなどして利用が可能になるものである。

この申込み時の審査に、出資者である消費者金融会社に蓄積されたデータとノウハウを活用することによって、迅速な審査の可否判断が可能になっているほか、万一、延滞事案などが生じた際の債権回収なども実質的に消費者金融会社側が請け負う様になっているのが殆どである。

課題点としては、貸付枠が無担保で最大300万円と大手専業会社よりも高額で有る事から、利用額や期間によっては利息だけでも相当な金額になりかねない事などである。利息制限法の基準の範囲内とはいえ18%の利率が一般的であり、厳格な債権回収を行う点は消費者金融専業会社と何ら変わりない。

また、消費者金融と言う言葉や金融会社に抵抗を覚える人も数多くいる事から、当初から「XX銀行グループ」と強調したり、「個人向けローン会社」などの表現を全面的に出すものが多い。

(しかしながら銀行でも無く、貸金業登録を行い、消費者金融専業会社等のバックアップの上で金銭を貸し付けている訳であるから、正直に表題の様な表現が適切ではないかと思われる。)

出典:wiki

消費者金融・クレジット産業について調べるには(統計・名鑑・インターネット …
https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102583.php

2017/08/19 – 図表を用いてクレジットカード、消費者金融、信販業界のしくみや動向についてまとめています。 『クレジットカード用語事典』(民事法研究会 不定期刊) クレジットカード関連の入門書です。平易な用語解説のほか、業界の基礎知識、最近の動向などを図や統計を参照しつつ、説明しています。 『年次報告書』 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日本貸金業協会 年刊 【Z71-X713】) 日本貸金業協会の報告書です。貸金業界の現状と取り巻く環境、貸金業者の経営実態、資金需要者の現状をまとめてい …

 

消費者金融の社会的有用性に関する研究の是非とその闇、推進派のあり方

早稲田大、サラ金業界と癒着 寄付5千万円で“御用論文”量産

上限金利の引き下げはマクロ経済に大きな影響を及ぼす」などと、サラ金業界がよろこびそうな論文ばかりを発表してきた早稲田大学の消費者金融サービス研究所、通称サラ研。その運営費のほぼすべてが大手・中堅消費者金融会社の寄付金でまかなわれていることがわかった。総額5,100万円も寄付した「消費者金融サービス振興協会」の理事長はアコム社長で、理事4人はプロミス、アイフル、武富士、三洋信販の経営者だ。サラ金“御用学者”たちが、業界のカネで業界のための論文を量産する--そんな、学問の本道を外れた、歪んだ産学連携の姿が見えてきた。

【Digest】
◇「寄付者にサラ金関係役員はいない」とウソ
◇スポンサー振興協会理事長はアコム社長
◇サラ金業界がよろこぶ論文ばかり30本
◇売出し中!「サラ研」研究員・堂下浩東京情報大准教授
◇忽然と消えた堂下論文 サラ研HPの奇奇怪怪
◇発注者不明の「受託研究」

◇「寄付者にサラ金関係役員はいない」とウソ
消費者金融サービス研究所の事務所が置かれている民間マンション。表札は「消費者金融サービス研究学会」となっている(新宿区早稲田鶴巻町)。家賃はいったい誰が?
下は、消費者金融サービス研究所のHPより。
創立125周年の宣伝文句があふれる早稲田大学に「消費者金融サービス研究所」(サラ研、坂野友昭所長)という研究機関がある。”パーソナルファイナンス研究の拠点”にすべく2000年、研究者有志の発意で設置された、日本で唯一のサラ金研究所だ。消費者金融サービス研究学会(江夏健一会長)の事務局も兼ねている。

設立当初の所長は、江夏健一早稲田大学商学学術院教授(現副所長)。現所長は坂野友昭同教授。いずれもサラ金業界擁護派で規制強化慎重論者として知られている人物だ。

早稲田大によると、消費者金融サービス研究所(サラ研)の運営は寄付が頼りで、大学の総合研究機構という部署を通じて寄付を受け付けているという。大学側が明らかにしたところでは、サラ研に対しては「消費者金融サービス振興協会」という団体より2000年度から毎年600~700万円が寄付された。振興協会もこれを認め、寄付総額は2007年度までで計5,100万円にのぼることがわかった。

このサラ研のスポンサーである「振興協会」について早稲田大学広報部は当初、「早稲田大学消費者金融サービス研究所のメンバーと消費者金融サービス研究振興協会の間に関係役員(サラ金関係者)はいません」と業界との関連を否定していた。筆者もあやうくそれを鵜呑みにするところだった。

◇スポンサー振興協会理事長はアコム社長
ところが、関係役員がいないどころか、消費者金融サービス研究振興協会の事務局は、大手貸金業者の三洋信販に置かれていた。事務局の説明では、振興協会は大手中堅のサラ金11社でつくる任意団体で、現在の理事長は木下盛好・アコム社長。大手5社の残る4社(プロミス、アイフル、武富士、三洋信販)の経営者が理事を務めているという。

振興協会の運営費は、会員である11社がそれぞれ会費を出し合ってまかなっている。サラ研への寄付のほか、「消費者金融サービス研究学会」の懸賞論文に助成金を出す事業もやっているという。

“早稲田サラ金研究所”のスポンサー「消費者金融サービス研究振興協会」の事務局がある三洋信販東京本社(東京都千代田区有楽町)

振興協会は、サラ金研究所のスポンサーであると同時に、消費者金融サービス研究学会(サラ金学会)スポンサーでもあったのだ。

--振興協会は業界関係者がいないどころか、モロ業界団体じゃないですか。

早稲田大広報部に苦言を呈したところ、担当職員は「そうですか。(サラ研側が)質問を勘違いしたのではないですかねえ」とあいまいな返答で煙に巻いた。

気になる5100万円の寄付金の使われ方についてはもっとあいまいだ。早稲田側の回答は「アンケート調査費、事務委託費、海外データベース利用費、ホームページ管理費として毎年相当額を支出している」とそれだけ。

「守秘義務があるのでそれ以上は回答できない」と言う。

振興協会に尋ねても、「ウチも詳しい収支報告は受けてないんですよ」と、まったく同じ答えしか返ってこない。

ずいぶん大雑把なカネの管理ではないかと思っていると、早稲田大の広報担当者は年間600~700万円の研究費などたいした金額ではないとでも言いたげに付け加えた。

「特定の研究者に研究費を出すことはしていないとのことです。もっとも、データベース利用費だけでも相当かかるらしいですよ」

◇サラ金業界がよろこぶ論文ばかり30本
サラ金業界であろうが、どこであろうが、カネを出して研究者を支援すること自体、必ずしも問題だとは言えない。そんな時代なのかもしれない。

だが、業界のカネで支援した研究機関から業界のための論文ばかりが生まれ、批判そっちのけで業界の繁栄に利用されるとすれば話は別だ。学問の本道を外れた曲学阿世の徒である。

この点、消費者金融サービス研究振興協会事務局は「ウチは研究にカネは出すが口は出さない。学会の研究助成に関しては理事会で図っている」と説明する。

さすがに建前は自由な学問の発展に貢献するということらしい。

だがサラ研や研究者にその意図があったかなかったかはともかく、サラ研の実績をみれば、業界のために大いに貢献し、業界を勇気づけてきたことはまぎれもない事実だ。

サラ研が設立された2000年といえば「目ん玉売れ、腎臓売れ」の日栄や商工ファンドの乱暴な営業が社会問題となった”商工ローン冬の時代”である。事件のあおりで出資法の上限金利が40.004%から29.2%に引き下げられ、貸金業界への風当たりが一挙に激しくなった。

また特定調停法が成立した年でもあり、過払い金返還運動がじわじわと広がり業界に脅威を与えはじめた。

この当時から業界がもっと危機感を抱いていれば、その後の展開も違ったのかもしれない。

だが、武富士など大手サラ金は傲慢そのものだった。マスコミにカネをばら撒いて批判を封じ、フリージャーナリストには高額訴訟で恫喝した。その陰で第三者の家族を巻き込む、記録を改竄して過払いをごまかすなどの不正をやりまくり、高収益をむさぼった。自殺者の多発にも知らぬ顔で、ちゃっかりサラ金保険金を受け取る始末だった。

研究の世界がどういうものか知らないが、こうした社会批判を伴う問題をテーマにする以上、業界に批判的な内容もあってしかるべきだと素人目には思える。ところが、サラ研が発表する研究結果を見ていくと、業界批判の類は皆無に等しいことが分かるのだ..

 

執筆者: 三宅勝久

武富士事件、自衛隊内の虐待、土地活用ビジネスの問題、杉並区政の闇、警察内の自殺問題などを追及。
『サラ金・ヤミ金大爆発』
『悩める自衛官 自殺者急増の内幕』(ともに花伝社)
『武富士追及』(リム出版新社)
『自衛隊員が死んでいく “自殺事故”多発地帯からの報告』(花伝社)
『自衛隊という密室 いじめと暴力、腐敗の現場から』(高文研)
『債鬼は眠らず サラ金崩壊時代の収奪産業レポート』(同時代社)
『日本を滅ぼす電力腐敗』(新人物往来社)
『自衛隊員が泣いている 壊れゆく“兵士”の命と心』(花伝社)
『日本の奨学金はこれでいいのか』(共著・あけび書房)
『司法が凶器に変わるとき 「東金女児殺害事件」の謎を追う』(同時代社)。最新刊に『税金万引きGメン』(若葉文庫・オンデマンド出版)

出典:My News Japan早稲田大学消費者金融サービス研究所

 

 

消費者金融おすすめ比較ランキング@初めての借入、即日融資、WEB完結

消費者金融のおすすめ.com/

大手から中小消費者金融まですべてを徹底比較。最短1時間融資、夕方や土日の即日融資、収入証明不要、内緒で借りる消費者金融など、知っておきたい情報が必ず見つかる!

 

個人金融に関する規制とその功罪

貸金業法Q&A:金融庁

www.fsa.go.jp/policy/kashikin/qa.html

貸金業法に関するご質問にお答えします。 特に、総量規制は、利用者の皆さんにとって重要です。 貸金業法の概要については「貸金業法のキホン」、資料やデータ等については「資料集」も、併せてご覧ください。 また、貸金業法の質問については、「 PDF カシキンQ&A、 PDF 事業者向けカシキンQ&A」も合わせてご覧下さい。

 

貸金業法のキホン:金融庁

www.fsa.go.jp/policy/kashikin/kihon.html

多重債務問題を解決し、利用者の皆さんが安心して借りることができる貸金市場を作るため、新しい貸金業法ができました。 ここでは、貸金業法の基本を解説します。 さらに詳しく知りたい方は、「貸金業法Q&A」もご覧ください。 貸金業法とは. 貸金業法は、消費者金融などの貸金業者や、貸金業者からの借入れについて定めている法律です。 近年、返済しきれないほどの借金を抱えてしまう「多重債務者」の増加が、深刻な社会問題(「多重債務問題」)となったことから、これを解決するため、平成18年、従来の法律が抜本的 …